top of page
  • 執筆者の写真onga119

消防用設備等点検結果様式の追加について

更新日:2023年1月30日

 平成22年消防庁告示第24号において「消火器」の点検基準が改正され、消火器内部の点検が義務化されました。

 改正内容は加圧式の消火器は製造から4年目に、蓄圧式の消火器は6年目以降に消火器内部の点検が必要となります。

 点検方法として多数の消火器を設置している建物は同一製造年等の条件がそろうことにより確認ロットを作成し抽出による点検することが出来るとされています。

 ただし、このロット表にあって決められた届出様式がないために点検報告受付の際の確認作業にかなりの時間を要する事態が発生しております。

 当本部のホームページ上にロットを確認できる様式を掲載しておりますので活用していただき、受付時の滞在時間短縮にご協力ください。


ロット表


最新記事

すべて表示

危険物施設の風水害対策ガイドラインについて

風水害に備えた安全対策について 例年、梅雨期や台風期などにおいて局地的な大雨や集中豪雨等が観測され、河川の氾濫等により、多くの被害が発生してるところです。 危険物施設が風水害・豪雨等災害の被害を受けると、大量の危険物が流出したり、周囲を巻き込む大爆発を起こしたりした場合には、周辺地域にも大きな影響を及ぼします。 いざという時のために、平時から風水害・豪雨等災害に備えておくことが重要です。 総務省消

Comments


bottom of page