top of page
  • 執筆者の写真onga119

旧規格消火器は令和3年12月31日までに交換が必要です。

消防法令等に基づいて設置されている旧規格消火器は令和3年12月31日までに交換が必要です。


 消防法令等に基づいて消火器の設置が義務付けられている建物等で、2011年1月1日の規格省令改正により既に型式が失効している消火器を設置できるのは2021年12月31日までです。2022年1月1日以降は、型式が失効した消火器の設置は認められていませんので、計画的な交換・リサイクルをお願いします。


 旧規格のものは、製造念が2011年以前のもので、適応火災マークが文字で表示されている消火器や「設計標準使用制限」が記載されていない消火器です。


詳しくはこちらを→クリック

最新記事

すべて表示

危険物施設の風水害対策ガイドラインについて

風水害に備えた安全対策について 例年、梅雨期や台風期などにおいて局地的な大雨や集中豪雨等が観測され、河川の氾濫等により、多くの被害が発生してるところです。 危険物施設が風水害・豪雨等災害の被害を受けると、大量の危険物が流出したり、周囲を巻き込む大爆発を起こしたりした場合には、周辺地域にも大きな影響を及ぼします。 いざという時のために、平時から風水害・豪雨等災害に備えておくことが重要です。 総務省消

Comments


bottom of page