• 遠賀郡消防本部

宝くじ助成事業で備品の整備を行いました。

最終更新: 2020年11月10日

宝くじ助成事業で備品の整備を行いました

(訓練用水消化器、標的)


 遠賀郡消防本部では、一般財団法人自治総合センターの宝くじ社会貢献広報事業である「コミュニティ助成事業(宝くじの助成金)」を活用して、訓練用水消火器18本・水消火器放射訓練用標的器2器を整備しました。

 これらの資機材は、消火避難訓練時において、初期消火の対応を実感することで普段から防火意識を持つことがいかに重要であるかを住民の皆さんに認識していただくことを目的としています。

 

 訓練用水消火器、標的の貸出をご希望される方は、 遠賀郡消防本部予防課(TEL:093-293-8125)までご連絡ください。












コミュニティー助成事業とは?

 一般財団法人自治総合センターが宝くじ社会貢献広報事業として行うもので、コミュニティ活動に必要な備品・施設などの整備、安全な地域づくりと共生のまちづくり、地域文化への支援や地域の国際化の推進及び活力ある地域づくり等に対して助成を行い、地域のコミュニティ活動の充実・強化を図ることにより、地域社会の健全な発展と住民福祉の向上に寄与するための事業です。

 詳しくは、一般財団法人自治総合センターのWEBページをご覧ください。












宝くじ社会貢献広報事業キャラクター「クーちゃん」


最新記事

すべて表示

旧規格消火器は令和3年12月31日までに交換が必要です。

消防法令等に基づいて設置されている旧規格消火器は令和3年12月31日までに交換が必要です。 消防法令等に基づいて消火器の設置が義務付けられている建物等で、2011年1月1日の規格省令改正により既に型式が失効している消火器を設置できるのは2021年12月31日までです。2022年1月1日以降は、型式が失効した消火器の設置は認められていませんので、計画的な交換・リサイクルをお願いします。 旧規格のもの