• onga119

ガス機器の適切な維持管理について

 令和2年7月30日に福島県郡山市で発生した飲食店の爆発事故では死者1名、負傷者19名(重傷2名、軽傷17名)の被害が発生しています。

爆発の原因等は特定されていませんが、屋内のガス配管の腐食個所から液化世石油ガス(LPガス)が漏洩し、何らかの火源により引火、爆発した可能性が考えられます。

 次のことに注意して、ガス機器の事故防止に取り組みましょう。 


① ガス機器の定期的な掃除やメンテナンスを行ってください。


② ガス機器に異常を感じた場合やガス配管等に破損や著しい腐食等がある場合は、

  直ちに使用を中止するとともに、緊急連絡先やメーカーに連絡し、修理等を依頼してく

  ださい。


③ 休業等でガスを長期間使用しない場合や事業を再開する場合は、必ず液化石油ガス販売

  会社に連絡してください。



消防庁ホームページ → こちら


経済産業省ホームぺージ → こちら



* 問い合わせ先

遠賀郡消防本部 予防課

TEL 093-293-8125   


最新記事

すべて表示

危険物施設の風水害対策ガイドラインについて

風水害に備えた安全対策について 令和元年、大雨に伴う河川氾濫の影響で、佐賀県にある工場内の油等が周辺地域に流出し 滞留する事故が発生しました。 危険物施設が風水害の被害を受けると、大量の危険物が流出したり、周囲を巻き込む大爆発を起こしたりするなど、周辺地域にも大きな影響を及ぼします。 いざという時のために、平時から台風等の風水害に備えておくことが重要です。 総務省消防庁が発出した「危険物施設の風水