• onga119

ガス機器の適切な維持管理について

 令和2年7月30日に福島県郡山市で発生した飲食店の爆発事故では死者1名、負傷者19名(重傷2名、軽傷17名)の被害が発生しています。

爆発の原因等は特定されていませんが、屋内のガス配管の腐食個所から液化世石油ガス(LPガス)が漏洩し、何らかの火源により引火、爆発した可能性が考えられます。

 次のことに注意して、ガス機器の事故防止に取り組みましょう。 


① ガス機器の定期的な掃除やメンテナンスを行ってください。


② ガス機器に異常を感じた場合やガス配管等に破損や著しい腐食等がある場合は、

  直ちに使用を中止するとともに、緊急連絡先やメーカーに連絡し、修理等を依頼してく

  ださい。


③ 休業等でガスを長期間使用しない場合や事業を再開する場合は、必ず液化石油ガス販売

  会社に連絡してください。



消防庁ホームページ → こちら


経済産業省ホームぺージ → こちら



* 問い合わせ先

遠賀郡消防本部 予防課

TEL 093-293-8125   


最新記事

すべて表示

在宅酸素療法時の火気の取扱いにご注意ください

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、在宅酸素療法を行う自宅療養者が増加しています。 在宅酸素療法に使用する酸素濃縮装置、液化酸素装置及び酸素ボンベ(以下「酸素濃縮装置等」という。)の使用中に、喫煙等火気使用が原因と考えられる火災発生していることから、これまでも厚生労働省医薬・生活衛生局及び日本産業・ガス協会等において注意喚起が行われてきたところです。 在宅酸素療法を行う際は、酸素吸入時の火気の取扱