top of page
  • 執筆者の写真onga119

「防炎偽造ラベル」が貼付された工事用シートに関する注意喚起

 今般、公益財団法人 日本防炎協会(以下「防炎協会」という。)から、防炎対象物品である工事用シートについて、防炎協会が交付したラベルに酷似したラベル(以下「偽造ラベル」という。)が貼付され、販売されている製品があるとの報告がありました。



 この工事用シートは、消防法施行規則(昭和36年4月1日自治省令第6号)

第4条の4第1項第1号に定める、消防庁長官の登録を受けた者以外の事業者により製造、販売された模造品です。


 この模造品は製造者・流通経路が不明で、防炎性能を有しない製品が含まれる可能性がある。

※ことから、こうした偽造ラベルが貼付された模造品を使用しないよう、下記のとおり注意してください。



偽造ラベル・模造品の特徴


最新記事

すべて表示

危険物施設の風水害対策ガイドラインについて

風水害に備えた安全対策について 例年、梅雨期や台風期などにおいて局地的な大雨や集中豪雨等が観測され、河川の氾濫等により、多くの被害が発生してるところです。 危険物施設が風水害・豪雨等災害の被害を受けると、大量の危険物が流出したり、周囲を巻き込む大爆発を起こしたりした場合には、周辺地域にも大きな影響を及ぼします。 いざという時のために、平時から風水害・豪雨等災害に備えておくことが重要です。 総務省消

Comments


bottom of page