• onga119

新型コロナウイルス対策に伴う消毒用アルコール容器に係る適正な表示について

 新型コロナウイルス感染症の感染防止対策の一環として、消毒用アルコールの増産・流通 が図られているところですが、一部の製品において危険物であるアルコールの容器としての

表示が適正になされていない例が見られますので、ご使用の容器についてご確認ください。

 また、「事業所」や「ご自宅」などでアルコールを小分けした容器についても次の内容表示が必要となりますので、ご注意ください。



【消毒用アルコールの容器に係る適正な表示例】

1 最大容器が500ミリリットルを超える容器の表示

   容器の外部に「危険物の品名」、「危険等級Ⅱ」、「化学名」、「水溶性」、「数量

   」、「火気厳禁」の表示をしてください。

   (表示の字体、大きさ、色については指定ありません。)


2 最大容量が500ミリリットル以下の容器の表示

   容器の外部に「危険物の通称名(※1)」、「数量」、「火気厳禁又は火気厳禁と同一

   の意味を有する他の表示(※2)」を行ってください。


   ※1 危険物の通称名の例

      「エタノール」、「消毒用エタノール」等

   ※2 火気厳禁と同一の意味を有する他の表示

      「火気の近くで使用しないでください」

      「火気を近づけないでください」



※ 不明な点がありましたら下記までご連絡ください。

 

【問い合わせ先】

 遠賀郡消防本部 予防課 予防係

 TEL 093-293-8125

最新記事

すべて表示

在宅酸素療法時の火気の取扱いにご注意ください

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、在宅酸素療法を行う自宅療養者が増加しています。 在宅酸素療法に使用する酸素濃縮装置、液化酸素装置及び酸素ボンベ(以下「酸素濃縮装置等」という。)の使用中に、喫煙等火気使用が原因と考えられる火災発生していることから、これまでも厚生労働省医薬・生活衛生局及び日本産業・ガス協会等において注意喚起が行われてきたところです。 在宅酸素療法を行う際は、酸素吸入時の火気の取扱